発芽玄米 デメリット

発芽玄米のデメリット

 

 

発芽玄米のデメリットは、様々なものがあります。

 

一般的には、ダイエットに良いとされていますが
実は白米とカロリーがほぼ同じです。

 

 

豊富な食物繊維のため、胃腸に負担がかかり便秘や
下痢になることもあります。

 

 

また、もみ殻は、消化されないということもあり
胃を傷つける可能性があります。

 

 

玄米の栄養成分であるフィチン酸が、カルシウム、リンなどの
吸収を防いでしまいます。

 

 

こうした発芽玄米のデメリットを正しく把握するということは
とても大切なことです。

 

 

 

デメリットを正しく理解することによって
それを補うことができます。

 

 

発芽玄米が体に良いということは、確かです。

 

 

発芽玄米のメリットを最大限に活かすには、まず
デメリットを知るということが必要になります。

スポンサーリンク

また胚芽の部分に残留農薬がある可能性も否定できません。
なので玄米を選ぶ段階で、信頼のある農家
無農薬もしくは低農薬で栽培されている玄米を選ぶようにしましょう。

 

 

 

 

発芽玄米は、とても多くの人に愛用されているものであり
きちんとデメリットを理解することによって

 

より良い発芽玄米活用をすることが出来ます。

 

 

デメリットを理解することは、大きなトラブルを防ぐということにおいて
とても大事です。

 

 

特に、胃腸が弱い人などは租借回数を増やすことや
軟らかく炊くというような工夫をすることが必要になります。

 

 

デメリットは、メリットと表裏一体であるということが言えます。
発芽玄米の魅力は、色々とあります。

 

 

こうしたメリットがデメリットの原因になっていることもあります。

 

 

デメリットをデメリットのままにしないためには、発芽玄米の良さや
発芽玄米の特性を知ることが必要です。

スポンサーリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ