発芽玄米の炊き方

発芽玄米と玄米・白米の違い

 

お米の状態として白米、玄米、発芽玄米とありますが
その違いのひとつには含まれる栄養分の違いとその栄養分が

 

どれだけ身体に吸収されやすいかという違いがあります。

 

 

玄米と言えば、稲の状態から外側のもみ殻を取り除いた状態のものです。
この玄米を精米すると一般的に良く食べる白米になりますが
この白米を精米する過程で玄米と白米の違いが出てきます

 

白米はよく見るお米の胚乳と言われる白い部分の外側に付いている
糠や芽の出る部分の胚芽を取り除いてしまいます。

 

 

しかし実はこれらの部分にはビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養分が豊富に含まれているのです。
つまり、それらを取り除く前の状態であれば栄養分が多く残っているので健康にも良いと言われています。

 

その点にまず違いがあります。 

 

 

 

本来植物は発芽して新たな成長を始めるまでの間
置かれた状況の中で栄養分を保たなければなりません。

 

長期間生きてその状態を保つために硬く
栄養分もそのままでは吸収されにくい状態になっています。

 

そのため白米の柔らかくもちもちした食感とは違い、パサパサと食べにくいというのが欠点でした。 
しかし、その玄米を一定温度の水に浸けておくと芽を出します。

 

この状態が発芽玄米です。

 

 

 

違いは発芽玄米という状態に見た目が変わったというだけではありません。
芽が出た発芽玄米はこれから新しく生きていくための活動を始めます。

 

そのために蓄えていた栄養分は発芽玄米になると分解されて増えます。

 

また長期保存に耐えるために眠っていた酵素も活性化して
発芽玄米の栄養素が高まります。

 

また同じ栄養分でも発芽玄米になると成長に使いやすい形になります。
それが発芽玄米と他のお米の状態との大きな違いです。 

 

さらに発芽玄米は芽が出やすいように糠も柔らかくなっているため
硬さを感じにくいという違いもあります。

 

そして栄養分が分解され発芽玄米は甘みや旨みも増して
他の状態との違いがはっきり分かります。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ